打撲内出血の治療法

 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲についてお調べいただけやすくなっていると思います。打撲は基本的には自然に治る障害ですが、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、ほんの僅かでも、本サイトがご参考になれば幸いです。

◆打撲/内出血の治療方法徹底ガイド

◆打撲/内出血の治療方法徹底ガイドについて
 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。
 目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲及び内出血症状についてお調べいただけやすくなっていると思います。
 打撲症状は基本的に人間が本来持っている自然治癒力によって時間の経過とともに徐々に回復する皮膚に発生する一時的な症状のひとつです。
 しかし、打撲の程度や内出血の大きさ、症状の度合いによっては放置しておくと他の障害を併発するなど、合併症に近い症状を発症する事が多い点が打撲症の気をつけておきたいポイントでもあります。
 尚、打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。
 育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、打撲・内出血に対する基本的な治療法や対処法がご参考になれば幸いです。

◆すでに打撲を発症し患部に内出血が発生している場合

◆現在既に痛みを抱えており患部に内出血症状の発生が確認されるケース
 打撲や打ち身などによってすでに患部に内出血が確認されるケースでは、まず骨折の有無が無いかどうか?患部の腫れの大きさを確認します。
 打撲部位にあまりにも大きな腫れが確認されるようなケースでは、応急処置も大切ですがやはり一度病院の診察を受けて見ることが大切です。
 皮膚組織のダメージだけであれば、その後の対応で対処できる部分もありますが、骨折の至っているケースや骨にヒビが入っている等の場合はギプスによる固定処置が優先されるケースもある為、自己判断による治療は逆に危険です。
 骨折の可能性が疑わしいケース、そして頭部の打撲が発症したケースでは後述しているアイシング処置を施した状態で必ず病院の診察を受けるようにしましょう。

◆受傷後何日も経過している場合

◆適切な治療法を選別する重要性
 打撲の発症直後はアイシングなどの応急処置を優先的に行いますが、もし受傷後既に数日が経過している場合は、アイシング処置が逆効果となるケースもありますので注意が必要です。
 冒頭でお話しした通り、打撲傷は基本的には自然治癒力によって時間の経過とともに症状が改善し、患部の内出血も徐々に引いていく傾向を持つ障害です。
 応急処置が必要となる期間を過ぎ、皮膚組織、筋肉細胞組織の回復期間に入っている段階では逆に温めるなどの温熱療法が有効となってくるケースもありますので、症状と状態によって治療法を選別していくことも打撲傷の治療過程における重要なポイントとなってきます。

◆多く読まれている記事

◆多く読まれている記事一覧

足・太もも・足の爪をぶつけてしまった場合の注意点
足の内出血で最も多いのは、太ももと足の爪の内出血です。

受傷後2〜3日間の初期段階においての治療方法のポイントについて
打撲をしてしまった場合の初期段階の治療方法を見ていきましょう。

打撲による内出血はどうして起こる?内出血が人体にもたらす働きについて
打撲をした際に、体表に紫色の青あざがあらわれる事があります。これは皮下で・・

頭部・後頭部の打撲及び内出血の症状の特徴と治療法について
頭部を打撲し、内出血が発症している場合は、他の部位の内出血よりも・・

スノーボードによる尾てい骨の打撲・内出血
スノーボードの転倒時に、お尻から尻餅をつき、尾てい骨を打撲するパターンは非常に多く存在します。

◆カテゴリーについて

 打撲内出血の治療法ではカテゴリーで記事を分類しております。
 「治療法カテゴリー」では、打撲と内出血に関係など基本的な知識の解説をしております。
 そもそも打撲とはどのような症状を指すのか?など打撲の定義についての解説も要チェックです。
 また、実際に打撲をすでに発症してしまっている場合、また内出血が確認されている状態の場合の受傷後の期間別による治療方法もこちらで解説しております。

 「頭部・目・眼球カテゴリー」では、頭部の打撲や眼球の打撲に関する症状と治療法を主に解説しております。
 特に赤ちゃんの転倒による頭部の打撲は誰もが一度は冷っとされた経験があると思います。
 ようやく座れるようになった赤ちゃんの場合は、上手に座ることができずに後ろに倒れてしまうこともよくありますよね。
 眼球の打撲はスポーツアスリートには多く見られる打撲傷のひとつです。

 「腰・胸部・腹部カテゴリー」では、部位別の症状と治療方法を中心に解説しております。
 頭部などと比べるとぶつけた感覚が低い為か、あまり心配されない方も多くいますが、特に胸部や腹部の打撲も存在します。

 特に胸部を強くぶつけた場合は胸腔で内出血が発症する「血胸」と呼ばれる障害を発症するケースもあるので注意が必要です。(血胸の診断は個人では難しいので必ず医療機関の診察が必要となる)

 「尾てい骨・足・膝カテゴリー」は、おそらく打撲傷の中でも最も多く発症する部位と言えます。
 膝を強くぶつけることは誰もが一度ならず何度も経験があるはずです。
 また、スポーツアスリートであれば、太ももに相手のひざなどが入ってしまう「タイカン」などとも呼ばれる激しい痛みを伴う打撲障害経験を持つ方も多いことでしょう。
 更に尻餅などをついた際に尾てい骨の打撲をするケースもありますが、スノーボードなどでは尾てい骨の打撲は特に多く発症する傾向にあります。
 ここでは、これらの症状の原因と治療法を部位別に解説しております。

 当サイトの記事は少しずつ更新を加えてきました。
 今後も難しい言葉や用語を極力控えてわかりやすい表現で記事を書いていきたいと思っております。

◆打撲・内出血【治療法】

◆打撲・内出血【頭部・目・眼球】

◆打撲・内出血【腰・胸部・腹部】

◆打撲・内出血【尾てい骨・足・膝】

◆コラム

◆サイトマップ・記事一覧