打撲内出血の治療法

 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲についてお調べいただけやすくなっていると思います。打撲は基本的には自然に治る障害ですが、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、ほんの僅かでも、本サイトがご参考になれば幸いです。

◆打撲とは?
 打撲とは固い物へぶつけたり人体の接触、交通事故などの際に、人体の一部位を激しく強打などした際に発症する障害です。
 打撲では皮膚や皮下の結合組織に主にダメージを負います。
 打撲は基本的には自然に治る障害です。
 しかし、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。
 打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害です。
 また治療法・対処法を把握していれば症状によって、
打撲とは?打撲傷の判断、皮下組織へのダメージについて


◆打撲の症状・経過について
 打撲の症状としてはまず、内出血の存在です。
 部位・程度にもよりますが、症状が重い場合は、その打撲部位に内出血が発生します。
 そして内出血が進むと、徐々に目視で確認出来るほどの青あざが現われ紫色に変色して見える場合があります。
 しかし、内出血は部位によって確認しづらい部位もあり、目視で確認出来ない内出血がある場合は要注意です。
 尚、軽度の打撲の場合は運動機能自体の低下はそれほどなく、痛みを感じながらも運動をする事は可能です。
 打撲をした際の確認ポイントは
打撲の症状・経過について:打撲の発症後にまず最初に確認すべきポイント


◆打撲・内出血【治療法】

◆打撲・内出血【頭部・目・眼球】

◆打撲・内出血【腰・胸部・腹部】

◆打撲・内出血【尾てい骨・足・膝】

◆コラム