打撲内出血の治療法

 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲についてお調べいただけやすくなっていると思います。打撲は基本的には自然に治る障害ですが、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、ほんの僅かでも、本サイトがご参考になれば幸いです。

◆打撲・内出血の治療法【初期】
 打撲をしてしまった場合の初期段階の治療方法を見ていきましょう。
◆初期段階
 初期段階とは、受傷直後2〜3日間の期間を指します。
 この初期段階の治療では、基本的にアイシング療法を行います。
 これは、皮膚及び筋肉が傷を負った際の内出血の進行を緩和させる為です。
 過度な内出血を及ぼす場合は、打撲といえども軽視出来ません。
 腫れがあまりに大きい場合は骨折・コンパーメント障害の可能性も出てくるので、整形外科での診察が不可欠となります。
 尚、初期段階では温湿布など、暖める行為は厳禁です。
受傷後2〜3日間の初期段階においての治療方法のポイントについて


打撲・内出血の治療法【中・後期】
 打撲をしてしまった場合の中・後期段階の治療方法を見ていきましょう。
 中・後期段階とは、打撲受傷後、初期段階後の3日目〜完治までの期間を指します。
 この中・後期段階では、初期段階で行っていたアイシング療法から一転して、温熱療法を行っていきます。
 温熱療法とは、その名の通り、温める事による治療の事です。
 初期段階を終えると、内出血は収まり、その後自然治癒力によって幹部が回復されていきます。
 この回復期間では、血液の流れを促進させる事によって、自然治癒力を活性化させる働きがあるのです。
受傷後3日目以降の中・後期段階における治療のポイント


◆打撲・内出血【治療法】

◆打撲・内出血【頭部・目・眼球】

◆打撲・内出血【腰・胸部・腹部】

◆打撲・内出血【尾てい骨・足・膝】

◆コラム