打撲内出血の治療法

 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲についてお調べいただけやすくなっていると思います。打撲は基本的には自然に治る障害ですが、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、ほんの僅かでも、本サイトがご参考になれば幸いです。

◆打撲の完治期間について
 打撲の完治期間の目安としては基本的に1〜2週間程度で大抵の打撲は完治すると捕らえてOKです。
 重度の打撲の場合でも最長でも2〜3ヶ月程度で完治します。
 逆に、この期間を超えて長期的に痛みを発症する場合は、なにかしらの症状を併発している事が考えられます。
 以下に例を挙げます。
●皮下細胞組織の損傷による細菌感染
●骨折
●コンパーメント症候群
●外傷性骨化性筋炎
打撲の完治期間の目安と、長期治療が必要となる合併症の確認ポイントについて


◆打撲による内出血はどうして起こる?
 打撲をした際に、体表に紫色の青あざがあらわれる事があります。
 これは皮下で発生した内部出血が体表に現われたものです。
 内出血自体は、怪我を負った部位を回復させる為の人間の自然治癒力の働きによってなされるので、問題はありません。
打撲による内出血はどうして起こる?内出血が人体にもたらす働きについて


◆打撲・内出血【治療法】

◆打撲・内出血【頭部・目・眼球】

◆打撲・内出血【腰・胸部・腹部】

◆打撲・内出血【尾てい骨・足・膝】

◆コラム