打撲内出血の治療法

 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲についてお調べいただけやすくなっていると思います。打撲は基本的には自然に治る障害ですが、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、ほんの僅かでも、本サイトがご参考になれば幸いです。

◆頭部の打撲・内出血
 頭部を打撲し、内出血が発症している場合は、他の部位の内出血よりも最新の注意が必要です。
 脳内には、ものすごい数の細かい血管が張り巡らされております。
 そして、そのどれもが貴重な役割を果たしており、わずか1本の血管のつまりが、後の大きな障害に繋がるケースが多いためです。
 特に後頭部に衝撃が加わるパターンは、大抵かなり大きな衝撃を受けているものです。
 皮下での内出血では、たんこぶなどの腫れが容易に確認出来るパターンが大半ですが、稀に頭部内で内出血が発生し、内出血の有無事態も確認できないパターンがあります。
 この場合の典型的な症状としては
 ◆吐き気がする
 ◆手足がしびれる
 ◆長時間頭がボヤ〜っとする
頭部・後頭部の打撲及び内出血の症状の特徴と治療法について


◆赤ちゃんの打撲は要注意!
 赤ちゃんは少し目を離した瞬間に転倒をして頭をぶつける事が多くあります。
 この時、赤ちゃんは大抵の場合は大きな声で泣きます。
 しかし、頭をぶつけたにも関わらず泣きもしない、もしくは頭が知らぬ間に腫れていたにも関わらず泣かない場合は要注意です。
 これは、赤ちゃんの頭内部で内出血が発生し、血管を圧迫している可能性が高い為です。
 症状としては、しばらくしてから手足の痙攣や、目の動きがあらぬ異常な動きを示し始める特徴があります。
 赤ちゃんの頭は出産時に産道を抜けられるよう、頭蓋骨を構成している骨が分かれた状態になっております。
赤ちゃんの頭部の打撲は要注意


◆目・眼球の打撲・内出血
 目の内出血の代表的なものには結膜炎という障害があります。
 この結膜炎とは、アデノウィルスの感染による感染性の目の障害で、感染力が非常に強力であり、目の白目の部分が真っ赤になるのが特徴です。
 感染者が感染している目がかゆみを持つ為に触り、その手を介して何かに触れるだけでも感染する可能性があるのが結膜炎です。
 プールなどではこのアデノウィルスの感染が強く、発熱を起こすなどの症状も現れます。(俗に言われるプール熱)
 打撲による内出血の場合は、眼球のまわりの組織の打撲による内出血によるものが大半です。
目・眼球の打撲及び内出血の原因と症状の特徴・治療法について


◆打撲・内出血【治療法】

◆打撲・内出血【頭部・目・眼球】

◆打撲・内出血【腰・胸部・腹部】

◆打撲・内出血【尾てい骨・足・膝】

◆コラム