打撲内出血の治療法

 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲についてお調べいただけやすくなっていると思います。打撲は基本的には自然に治る障害ですが、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、ほんの僅かでも、本サイトがご参考になれば幸いです。

◆打撲とは?

◆打撲は皮膚や皮下組織のダメージ

 打撲とは固い物へぶつけたり人体の接触、交通事故などの際に、人体の一部位を激しく強打などした際に発症する障害です。
 打撲では皮膚や皮下の結合組織に主にダメージを負います。
 打撲は基本的には自然治癒力によって回復が可能な怪我の一種です。
 しかし、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。
 打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害でもあります。(回復期間の目安記事参照)
 また治療法・対処法を把握していれば症状によって、
●どの治療を実践すべきか?
●病院の診察が必要か?
 という判断に関してもしっかりした知識があったならば慌てずに対処することが可能となります。

◆打撲治療のポイント

 打撲の治療の基本は、受傷後からの経過時間がひとつのポイントとなります。
 これは受傷後からの経過時間によって選択すべき処置方法が異なり、現在の段階がどの状態にあるのかを検討することが可能となってくるためです。
 このように実際に打撲を発症してしまった日時から現在何日程度経過しているのか?を見極め適切な処置を行う知識を身につけておくことは大切です。
 スポーツアスリートの場合は、早期に復帰しなければいけないケースもあるでしょう。
 このような場合に適切な対処法を行う知識を身につけていたならば実践しているスポーツ競技への復帰までの期間を短縮することも可能となってくるのです。

<< HOME  |  次のページ >>

◆打撲・内出血【治療法】

◆打撲・内出血【頭部・目・眼球】

◆打撲・内出血【腰・胸部・腹部】

◆打撲・内出血【尾てい骨・足・膝】

◆コラム