打撲内出血の治療法

 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲についてお調べいただけやすくなっていると思います。打撲は基本的には自然に治る障害ですが、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、ほんの僅かでも、本サイトがご参考になれば幸いです。

◆腫れがあまりに大きい場合

◆腫れがあまりに大きい場合について
 打撲を発症後、数時間で内出血が発生し、あまりにも腫れが大きくなってしまった場合についての注意点です。
 このように腫れがあまりにも大きい場合は
◆骨折・コンパーメント障害
 などの可能性も出てきます。
 この場合は、整形外科で診察を受けレントゲン写真などで骨折の疑いがないかどうかを確認することが不可欠となります。

◆暖めると内出血が拡大する可能性も

 尚、初期段階では温湿布など、暖める行為は厳禁です。
 内出血が発生している状態で暖めてしまうと、血液の循環が促進され内出血の進行を加速させる結果となります。
 受傷後数日の治療の基本はアイシング療法が基本となります。

 温熱療法もアイシング療法も適切なタイミングで行うことが重要なのですね。

<< 前のページ  |  次のページ >>

◆打撲・内出血【治療法】

◆打撲・内出血【頭部・目・眼球】

◆打撲・内出血【腰・胸部・腹部】

◆打撲・内出血【尾てい骨・足・膝】

◆コラム