打撲内出血の治療法

 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲についてお調べいただけやすくなっていると思います。打撲は基本的には自然に治る障害ですが、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、ほんの僅かでも、本サイトがご参考になれば幸いです。

◆打撲の完治期間・治療期間の目安

◆打撲の完治期間の目安について
 打撲の完治期間の目安としては基本的に1〜2週間程度で大抵の打撲は完治すると捕らえてOKです。
 重度の打撲の場合でも最長でも2〜3ヶ月程度で完治します。
 逆に、この期間を超えて長期的に痛みを発症する場合は、なにかしらの症状を併発している事が考えられます。

 打撲の発症時に併発している可能性をもつ疾患としては骨折の可能性がまず第一に挙げられます。受傷時に病院でレントゲン撮影などを行った場合でも軽微な骨折の場合は確認できないケースもある為、痛みが続く場合は一度病院で再度症状を確認すると良いでしょう。

 また痛みが長期的に続くケースでは骨折の他にも内臓などの臓器のダメージや細胞の壊死、そして全く別の病気の可能性も含め検討する必要があるため、やはり病院の先生に状況の報告を行い指示を受けることが重要です。

◆治療期間を早める必要がある場合

 少しでもダメージからの早期回復を図る必要性がある場合、例えば大きな大会を控えている場合や最後の調整期間でハードな練習が不可欠な時期などは筋肉のリカバリー作用をもたらすグルタミン成分をサプリメント等から摂取していくのもひとつの方法です。
 グルタミンは筋力トレーニングなどを積極的に実践しているアスリートであれば「プロテイン」「クレアチン」などとともに重要なアミノ酸として知られる成分です。

 細胞合成の役割を持つグルタミンは怪我の回復過程においても強い効果を発揮します。
 実際に外科手術を行った患者の傷口の回復を早める為に医療の現場でグルタミンが使用されているケースをご存知の方は多いかもしれません。

 スポーツアスリート間では激しい筋力トレーニング時のリカバリ目的としてプロテインやクレアチンとともに必須サプリメントとしても消費されている為、既にご存じの方も多いかもしれません。
 打撲や内出血は、筋繊維の損傷を伴う障害である為、外科手術同様傷口の早期修復が現場や実践中のスポーツ競技への早期復帰につながります。

 打撲や内出血によって損傷した筋細胞の早期回復を目的とした栄養面からの管理も検討してみると良いでしょう。

◆長期的に痛みが継続する場合の疾患の可能性について

 あまりにも長期的に痛みが継続して発症し続けるケースでは、他の疾患や病気の可能性を検討していくことになります。
 打撲や内出血を伴いかつ、長期的に痛みが継続する疾患の代表的な病気を以下に挙げます。

●皮下細胞組織の損傷による細菌感染
●骨折
●コンパーメント症候群
●外傷性骨化性筋炎

 打撲で怖いのはこれらの症状を併発した場合と言えるでしょう。

<< 前のページ  |  次のページ >>

◆打撲・内出血【治療法】

◆打撲・内出血【頭部・目・眼球】

◆打撲・内出血【腰・胸部・腹部】

◆打撲・内出血【尾てい骨・足・膝】

◆コラム