打撲内出血の治療法

 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲についてお調べいただけやすくなっていると思います。打撲は基本的には自然に治る障害ですが、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、ほんの僅かでも、本サイトがご参考になれば幸いです。

◆内出血が人体にもたらす働き

◆内出血が人体にもたらす働きについて
 打撲をした際に、体表に紫色の青あざがあらわれる事があります。
 これは皮下で発生した内部出血が体表に現われたものです。
 内出血自体は、怪我を負った部位を回復させる為の人間の自然治癒力の働きによってなされるので問題はありません。
 しかし、内出血量があまりに激しい場合や、内臓器官、眼球などにおこる内出血には様々な危険性を伴うので注意が必要です。

 内出血は人体組織、特に皮膚や筋細胞組織に受けたダメージを示す指標とも言えるかもしれません。

<< 前のページ  |  次のページ >>

◆打撲・内出血【治療法】

◆打撲・内出血【頭部・目・眼球】

◆打撲・内出血【腰・胸部・腹部】

◆打撲・内出血【尾てい骨・足・膝】

◆コラム