打撲内出血の治療法

 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲についてお調べいただけやすくなっていると思います。打撲は基本的には自然に治る障害ですが、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、ほんの僅かでも、本サイトがご参考になれば幸いです。

◆尾てい骨の打撲及び内出血

◆尾てい骨の打撲及び内出血について
 尾てい骨の打撲は主に、尻餅をついてしまうなど、お尻に強い外力が働いた際に発症します。
 平常時はそれほど痛みは伴いませんが、椅子に座る時などに、激痛を発症するのが尾てい骨の打撲の特徴です。
 尾てい骨の打撲自体は時間の経過とともに痛みも症状も回復していきますので、特に外科的な治療は行わず安静を主流に治療をします。

◆痛みが引かない場合

 安静を続けているにも関わらず、痛みと合わせて骨盤などに違和感を感じる場合。
 このようなケースでは骨盤骨折、もしくは尾てい骨骨折を伴う可能性が考えられるため注意が必要です。
 これは、骨盤内に内出血を起こしている可能性が考えるためです。
 ◆スノーボードによる尾てい骨の障害

<< 前のページ  |  次のページ >>

◆打撲・内出血【治療法】

◆打撲・内出血【頭部・目・眼球】

◆打撲・内出血【腰・胸部・腹部】

◆打撲・内出血【尾てい骨・足・膝】

◆コラム