打撲内出血の治療法

 本サイトでは打撲の症状、打撲の治療方法など打撲に関する知識を専門に掲載しております。目・眼球・頭部・腰・胸部・尾てい骨・足など様々な打撲を部位別に掲載しておりますので、気になる部位の打撲についてお調べいただけやすくなっていると思います。打撲は基本的には自然に治る障害ですが、他の障害を併発する事が多いのが打撲の怖い点の一つです。打撲はしっかりとした治療の実践によって回復期間を早めることの出来る障害ですから、基本的な知識を学習しておくことは決して無駄にはなりません。育児をされている方や、スポーツアスリートの方など、ほんの僅かでも、本サイトがご参考になれば幸いです。

◆膝の打撲及び内出血

◆膝の打撲及び内出血について
 膝の内出血には、外部からの強い打撃などによる症状と、慢性的な障害によるない出血があります。
 打撲など、固いものにぶつけてしまった場合の内出血の場合は、内出血の治療の基本であるアイシングを行います。
 膝のアイシングは時間をかけてゆっくりと熱を奪うことからスタートしましょう。

 膝関節はどうしても動きを伴うためアイシングがうまく機能しない場合は、膝専用のアイシングサポーターの利用も検討してみると良いでしょう。

 野球肩などの肩のアイシング製品同様、膝専用のアイシングサポーターも有能な効果を発揮します。
 但し使用頻度が少ない場合は自作の氷嚢での十分ですから、たまたま膝をぶつけた程度の場合は準備する必要はありません。
 尚、特に大きな打撲などもなく膝に内出血が発症する場合は、様々な障害の可能性が考えられます。

◆膝の内部の関節内に内出血を発症するパターン

 膝の障害にはたくさんの障害がありますが、一番多いパターンは疲労・使い過ぎによる内出血です。
 スポーツなどではオーバーユース症候群(使いすぎ症候群)と呼ばれる典型的な疾患がありますが、一部分に継続的に負荷がかかり続ける動作を繰り返した場合、炎症の発症や時には骨が剥がれたり疲労骨折を招いたりするケースも実際に多くあるものです。

 一定の負荷が膝の一部にかかり続けると、「膝の内部の関節内」に内出血を発症するパターンが多く、その障害の原因を見極めるのは個人では困難です。
 過度の運動は膝への負担を増大させ炎症の拡大を招きますので、膝の負担の軽減を最優先に意識し治療を行なっていくことが大切です。

 また痛みが長期にわたって継続している場合は必ず医師の診断を仰ぐことが重要です。

<< 前のページ  |  次のページ >>

◆打撲・内出血【治療法】

◆打撲・内出血【頭部・目・眼球】

◆打撲・内出血【腰・胸部・腹部】

◆打撲・内出血【尾てい骨・足・膝】

◆コラム